しわの改善に注意しましょう

年齢とともに始まる皮膚老化は自然な現象です。皮膚老化はしわを生み、皮膚の弾力性が低下し、顔のボリュームが消えます。したがって、最近では、自分の年齢よりも若く見えるためにアンチエイジング管理への関心高い。

アンチエイジングといえば、通常40〜50代気の問題だと考えやすいが、最近では、20〜30代の間でもアンチエイジング管理への関心が高い。アンチエイジング関連美容製品も購買率がますます増加している傾向にあり、施術への関心も高まっている。

アンチエイジング代表施術では、コラーゲンの生成促進を介してシワの改善とボリューム感を作ってくれるスカルトラとコラーゲンブースターコア注射がある。

スカルトラは主成分PLLAは粉末状であるため、希釈して皮膚層に注入する。スカルトラは施術後6週間後経過すると、自然なボリューム感を確認することができる。通常1回施術では、目立つ効果を見ることは難しく月間隔で少なくとも3回以上の施術を受けなければなら効果を最大化することができ、2年程度の効果を享受することができる。

施術直後の結果の確認が難しく、강남안마 3回以上の施術を受けなければならスカルトラの場合、時間とコスト的な面で負担になるしかない。結節予防のために、手術後に別の顔マッサージをしなければならない。これらのスカルトラの欠点を補うための手術は、コラーゲンブースターコア注射である

コラーゲンブースターコア注射は、コラーゲン生成効果を示すエランセと皮膚の再生物質であるPNを組み合わせて施術する。既存のコラーゲンブースター注射と成分は同じですが、比率の組み合わせが異なり、コラーゲンブースター注射よりもコラーゲンの生成が40%向上し、より高いボリューム感形成効果を期待することができる。

コラーゲンブースターコア注射の場合、激しいボールオフ、ほうれい線、こめかみなど施術時の効果を見ることができ、結節現象がほとんどないので、施術後、別の顔のマッサージは必要ではない。また、1回施術だけで効果を見ることができ、施術直後の結果確認が可能である。維持期間は、個人差があるが、通常、2年前後であり、2年後には、成分が体内に残らず分解されて体の外に排出される。

ブラウン皮膚科イ・ジェチョル院長は「スカルトラやコラーゲンブースターコア注射ともに施術後に溶かすことができないので、施術前の豊富な施術経験がある皮膚科専門医と十分な相談を進めなければ副作用なしに効果を見ることができる」と強調した。

続けて「既存のフィラー施術はヒアルロン酸という成分が皮膚の中に注入され即時ボリューム効果を得る施術なら、コラーゲンブースターコア注射は施術部位の体内で自己コラーゲンが持続的に生成され、時間の経過とともにボリューム感が生じる原理だ。したがってフィラーに対する拒否感がある人に推薦することができる施術」と説明した

Leave a comment

이메일은 공개되지 않습니다. 필수 입력창은 * 로 표시되어 있습니다